超おすすめ!ストレス解消だけじゃない!学びながらウォーキング

  • 2020年5月19日
  • 2020年6月14日
  • 生活

ウォーキングと聞けば、最初に思い浮かぶのは「ダイエット」の言葉だと思います。

私も最初は、ダイエットをして痩せるためにウォーキングを始めました。

気が付くと、約3年間継続しています。

 

雨の日以外は、ほぼ毎日の日課になっているウォーキング。

このウォーキング時間を有効に使うことで、健康になりながら自分も成長していく

効率的な時間の使い方お伝えできればと思います。

  • ウォーキングが続かない人
  • ストレスが溜まってる人
  • 時間を上手く使いたい人
  • 健康を気にしている人

ウォーキングで痩せると思わないこと!

痩せようと思い、始めたウォーキング

毎日とは言わないが、週に最低でも4日は歩いていました。

1回の時間は1~2時間位を目安に、雨が降らなければ続けてきました。

 

ですが、約3年間続けてきたけど、思ったほど痩せません…w

年齢や体質など、人それぞれ違うので分かりませんが、私は3~4キロ落ちただけです。

 

正直、3~4キロなら糖質制限などをした方が目に見える効果は早いと思います。

 

しかし今は、余分な脂肪も落ち少し引き締まった感じがします。

まあ、健康的に体重が減ったので良いとは思ったのですが、

それ以上に改善したことが、ストレスをあまり感じなくなったことです。

 

今では生活習慣になっているウォーキング

長く続けるためには、楽しくストレスフリーになることだと思います。

ストレスの塊だった頃

以前の私は仕事柄、出張?のような感じで全国を渡り歩き年間の3/4は自宅に帰れない状態でした。

友達に言わせれば、「全国、旅ができて羨ましい」などと言われました。

確かに、私も旅が好きなので最初は楽しいと思っていましたが、長く続くと堪えます…

 

そんな生活をしていると、気づかぬうちにストレスがたまり

そのはけ口に選んだのが、食と酒でした。

これはいけないと思い悩んでいると、またストレスが溜まる…食べる…飲む…を繰り返す…

 

完全な負のスパイラルに落ち込んだ私は、状況を変えるためにウォーキングすることにしました。

 

「仕事の事や悩みなどは、歩きながら考えれば良いか!」的に始めたウォーキング。

いざ歩いてみると、体力のなさもあり、考えることも余りできませんでした。

 

しかし部屋に戻るころには、頭の中がスッキリして清々しい気分になりました。

その後、数日間続けるとストレスが少なくなり、暴飲暴食もやめられました!

自律神経のバランスが大事

人間の体に多くある神経の中で、自律神経というものがある。

その働きによって心臓や他の内臓なども、自分の意志とは関係なく動いています。

 

この自律神経が乱れることにより、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、手足のしびれなど、

体調が悪くなったり、イライラや不安感、恐怖心などの精神症状も出てきます。

 

自律神経には2種類あって一つは交感神経で、もう一つが副交感神経です。

簡単に言うと交感神経は体に指示を出す神経で、副交感神経はリラックスさせる神経です。

交感神経が優位になると、血圧があがり興奮状態になります。

一方、副交感神経が優位になると、血圧は下がりリラックス状態になります。

 

そう考えると、副交感神経を優位にしたいのですが、残念ながら副交感神経は

年齢と共に活動レベルが低下していきます。

なので、このふたつの神経をバランスよく、上手に保たなければいけません。

「食事」、「運動」、「生活習慣」の三つの要素が大切

自律神経のバランスを保つのに必要なのは食事、運動、生活習慣の3つの要素です。

 

食事はできるだけ決まった時間に3食とるようにし、栄養に偏りがないように腹八分を心がけています。

ヨーグルトなどで腸活も行っています。

 

運動もウォーキングをはじめ、無理のない筋力トレーニングもしています。

 

以前ほどお酒は飲まなくなりましたが、たまには飲酒します。

飲みすぎると、二日酔いで翌日に後悔してストレスを溜めてしまうので程々に楽しむようにしています。

 

少しずつ継続していくと習慣化されていき、その行動が当たり前になってきます。

最初は無理せず小さなことから変えていきストレスを溜めないことがベストかと思います。

適度な運動、ウォーキングが一番!

自律神経のバランスを良くしようと思い直ぐにランニングなどの激しい運動をすると

呼吸が激しく浅くなり、交感神経が活発になるので良くないみたいです。

 

まずはゆっくりと深く呼吸をしながら、散歩程度から始めることが良いでしょう。

続けていくことで、自律神経も鍛えれてストレスへの抵抗力UPも期待できます

 

朝は交感神経が活発で、夜になると副交感神経が優位になるので

夜にウォーキングするのが良いみたいです。

ウォーキングを長く続けるコツは?

私が続けてきて思うことは、無理な目標を持たないこと。

「いつまでに体重何キロ落とす」とか「長時間ウォーキングする」など無理な目標を立てると

直ぐに結果がでなかったり、辛くなってきて長く続かないと思います。

 

最初は20分でも30分でも良いし、少しずつ始めることです。

「昨日は30分歩いたから、今日は1時間歩こう!」などしなくても大丈夫。

時間は関係なく、継続することが大事です。

 

運動時間は、体が慣れてくると自然に時間は伸びています。

目標達成できるのは良いことだが、できなくても自分を責めないこと!

楽しくないと続けるのは大変ですよ。

ウォーキングを楽しくするアイテム

ウォーキングを楽しくするするうえで、みなさんが1番使っているのがスマホで音楽を聞くことだと思います。

私も音楽を聞きながら時間を忘れて、ウォーキングしています。

 

最近では「サブスクリプション」という定額制の音楽配信などがあり、色々な曲が聞けて飽きることなく楽しめます。

私も使っているのは、Amazon musicは、おススメです!

 

そして、その「サブスクスクリプション」という形で今は本まで読む(聞く)ことができます。

代表的なのが、Amazonでサービスをしているオーディオブック「Audible(オーディブル)」

プロのナレーターが本を読み上げてくれます。

Audibleが使えるところは、一般的な小説や文学、ビジネス書の他に、世界の語学を勉強できる本が多くあることです。

今では、聞き流しの勉強法が普通にありますが、Audibleを使うと色々な言語をウォーキングしながら学べます!

時間がない人でも運動しながら、勉強ができる。

 

私は効率的で、楽しく運動できる方法だと思います。

 

私も使っているAmazon music(只今、おためし3カ月無料!)などのサブスク記事です。

関連記事

音楽の定額配信のサブスクリプション配信が多くなった今、 自分にあったサービスを選ぶのに迷っている方に 各サービスの特徴や、おススメ情報などを、まとめているので参考にしてください。 サブスクリプ[…]

まとめ

私はウォーキングを続けるようになって、体の調子が良くなったことが実感できます。

時には仕事や人間関係などで、ストレスを抱えることもありますが。

しかし最近は、そのストレスを発散できる自分がいます。

 

以前はダイエット目的で始めたウォーキングも今では体重の増減は関係なく

Audibleでタイ語の聞き流し勉強をしながら歩いていますw

やはり、歩き終わった後の達成感や充実感がやめられません!

 

皆さんも、少しずつ挑戦してみませんか?