ベトナム縦断!バスの旅

  • 2020年3月24日
  • 2020年4月14日
  • 旅行

旅行の考え方は、人いろいろあると思いますが

安く旅をしたい、チョット変わった旅をしてみたいと思っている方も多いと思います。

 

そこで筆者がベトナムを実際に旅をしてみて感じたことや注意したほうがと思ったことを書いていきます。

意外に安く縦断できるんです!

ベトナムの国土は縦にほそ長い形をしています。

そんなベトナム旅行を満喫するなら、ズバリ!「バスの旅」をおすすめします。

まず確認したいことは、旅の日数ですね。

ベトナムは15日以内の入国であれば、ビザを申請しなくてもOKです。

大半の人は、15日以内だと思いますが、それ以上滞在する人はビザを申請してください。

今回は、15日以内で「ベトナムをバスで縦断」してきた時の話です。

私は南の都市、「ホーチミン」から北の首都「ハノイ」まで約1700キロをバスで縦断しました。

訪問地はベトナムの観光で有名な所ばかりです。

ホーチミン → ニャチャン → ホイアン → ダナン → フエ → ハノイ

上記の観光地を訪問しましたが、移動にかかった金額は総額で5000円しませんでした。

 

何故?そんなに安く移動できるというと、「オープンバスチケット」を使ったからです。

それは、どこで購入で切るのか、もう少し詳しく説明いていきます。

便利でコスパ最高!「オープンバスチケット」

ベトナムでは旅行者向けのバスチケットを販売しているところが何社かあります。

そして旅行者に人気なのが、「オープンチケット」です。

会社によって、多少の違いはありますが、

決められた都市や街であれば期間内で自由に日程を組んで乗れるのです。

なので、「この街は、2日でいいかな~」、「この都市はじっくり見たい」など

自分なりに日程が組めます。バスの出発時間も選べるので、深夜バスで宿泊費を浮かしたりできます。

バスもスリーピングバスといって、足も伸ばせるので横になって寝られます。

チケットを買う

私は「シンツーリスト(The Sinh Tourist)」でチケットを購入しました。この会社はベトナムでは人気のようですね。

チケットの購入方法は、シンツーリストのハノイ、フエ、ホーチミンのオフィスで購入できます。

私の場合、ホーチミンのオフィスで購入し予約しました。

まずは、到着地(私の場合はハノイ)を決め、次に途中で行きたい都市(私の場合ニャチャン、ホイアン、ダナン、フエ)を選びます。

訪問都市の数によって、金額が変わります。支払いするとチケットがもらえます。

あとは出発の日時を決めたらバスの予約をします。

予約する時点で座席の空席情報を表で教えてくれるので、自分の好きな席を伝えてください。

オフィスの人が全体のチケットに手書きで、日時、座席番号を書いてくれます。

そのほかに、一回分のチケットが発券されるので、どちらも紛失しないように!

 

あとは予約の日時にバスに乗り込むだけです。

スリーピングバスとは?

私が乗ったスリーピングバスは外から見る限り普通のバスです。

社内は上段、下段があり、3列で作られています。

シートには番号が記載されていて足が伸ばせる構造になってます。

多少のリクライニングもできましたが、ほぼ倒したままで過ごしました。

社内には一応フリーWifiがありますが、あまり電波はよろしくありません。

私はベトナム入国時点で、simを変えていたので問題ありませんでした。

あと、トイレは付いていませんでした。

深夜バスの旅で注意すること

深夜の長距離移動は、トイレ休憩が2.3時間おきにあります。

ベトナムの都市部を出た、周りは真っ暗闇のドライブイン的なところで休憩します。

トイレは勿論、多少の食事、買い物ができます。降りる際は貴重品に気を付けてください。

ほかのバスも止まっているので、再度乗るときも間違えないようにしましょう!

寝ぼけていると、意外に間違います。

 

バスには、旅行者の他にも現地の人も乗っています。

到着地点が近くなると、地元の人達がその前に降りていくので焦って一緒に降りないでください。

わからなければ、ドライバーかスタッフに聞いてください。

 

バスの到着地は、ツアーオフィスの近くの場所が多いですが、

次の移動がある人は必ず現地オフィスの場所をあらかじめ確認しておいてください。

 

私の場合、ホーチミンからニャチャンの深夜便に乗って現地の早朝4:30位に着きました。

予約していた宿はチェックインできませんでした。

そんな時は、ビーチに行ってください!

大勢の地元の人達がビーチで運動していたり、ダンスを踊っているので楽しめます。

 

あとは連続で深夜便で移動すると疲れるので、上手く日程を分けて移動することをお勧めします。

最後に

どうせなら一度はベトナム縦断してみたいですよね?

ハノイ発、ホーチミン発、どちらでも良いと思います。

ビーチ好きなら、ニャチャンダナン。夜の街がノスタルジックなホイアン

遺跡めぐりなら古都フエ…

そのほか、フォーの食べ歩きも楽しいと思います。

ベトナムはその土地にっよって、違った雰囲気が味わえます。

是非、バスの旅も一度挑戦してみてください!