話題のSNSマーケティングを上手に活用してみよう!

  • 2020年2月14日
  • 2020年4月14日
  • 学び

今、インターネットや実店舗でのビジネスには「SNSマーケティング」を無視することはできません。

もし、あなたが何らかのビジネスをやっているのであれば

何気なく使っていたSNSを駆使してビジネスに活かしていきましょう!

そもそもSNSマーケティングとは

SNSマーケティングとはソーシャルメデイア(Facebook、Instagram、Twitter、LINE..)などを使い

好感度や認知度をあげる広告宣伝です。しかも無料で始めることができます。

以前までの雑誌やTVなどのメディアを使わずとも簡単に、しかも効果的に使えます。

ブログのPVを伸ばしたい人や、インターネットショップの宣伝、実店舗の新規顧客確保など、

あらゆる面で効果があると思います。今後のビジネスでの常識になっていくでしょう。

メリット多し、使わなきゃ損!

●顧客(ユーザー)と繋がりやすい。

●自分のほしい顧客にターゲティングしやすい。

●不特定多数に無料で宣伝できる。

●話題になれば、知名度も上がり情報を拡散しやすくなる。

 

SNSマーケティングの肝は

やはり肝心なのは、そのSNSで友達やフォロワーを増やしハッシュタグなどを上手くつかって良質な情報を提供することです。

それによって人々は、共感しその情報を拡散して、また違う人が同じく共感するというスパイラルが起きます。

その人たちの中には、購入意欲がでてくる人もいるでしょう。

その良いスパイラルを起こし共感を得るには、ターゲットを引きつける魅力のある正しい情報を発信しましょう。

嘘の情報や大げさな情報は共感を得ることはできません。

活用事例

今、使っている(これから使う)SNSを活用してみましょう!

●Facebook   自社のサービス、役立つ情報、ブログなどを投稿してみましょう。

●Instagram   写真やハッシュタグを上手く使い、ターゲティングし拡散しましょう。

●Twitter    リアルタイムに情報を発信して、トレンドなどを使い拡散しましょう。

●LINE     クーポンやポイントカード、セール情報など実店舗にオススメです。

●YouTube   店舗や商品を動画で発信。独自チャンネルを持つことでファンを獲得しやすい。

上記の活用例は、ほんの一部に過ぎませんが考え方次第で無限に広がると思います。

そして上記のSNSは商用アカウントで使うと独自分析機能が使えるものもあります。

料金も無料で始めれます。(機能を上げるには一部有料も有り)

ブロックされないように、商用アカウントで使おう!

SNSマーケティングをする上で注意することは商用目的で使うのに、個人アカウントで発信しているとアカウントが停止されたりします。

FacebookやLINEなどは商用ページがあります。Instagramも商用アカウントがありますが、Facebookと紐付けしなければいけません。

Twitterに関しては、商用アカウントなどの区別は有りませんが、同じIPアドレスから多数のアカウントを作っていると

アカウント停止やブロックされることがあるので注意しましょう。

特にTwitterやYouTubeに関しては、不特定多数に情報発信できる反面、ちょっとしたことで炎上することがあるので気をつけてください。

まとめ

今の情報社会、ビジネスをするにはSNSは欠かせません。無料で使える広告。しかも確実に効果があります。

今後、5Gサービスによって情報量も飛躍的に伸びるでしょう。SNS自体も進化していくと思います。

情報やサービスを発信する側は、何時も最新の情報に目を向けて有効に活用していきましょう!

学びの最新記事8件