初心者が副業を始めるには!2020年度版

  • 2020年2月7日
  • 2020年4月14日
  • 副業

最近は空前の副業ブームですね。

企業も副業を認める時代になり、インターネットを活用した副業が話題になっています。

そこで、「副業を始めてみたいけど…」

何から始めてらイイの?…どんな副業があるの?…
そんな疑問を解りやすく説明していきます。

まずは自分の現状を考えてみよう!

副業を考えてる人は、「給与収入+α」を望んでいると思います。

副業で稼げる金額も様々ですが、まずは自分が副業に当てれる時間等を把握しているとスムーズにすすめることが出来ます。

1日の使える時間(本業が終わった後の副業に使える時間)を考えてみよう!

1週間に何日使えるか考えてみよう!

月に幾らくらい稼ぎたいのか考えてみよう!

これで自分がどれくらいのペースで副業に打ち込めるか分かったと思います。

副業にはどんな種類があるの?

副業といっても色々なものがあって悩みますよね?

いざ、始めてみてみようと思っても、ある程度内容がわからなければ決める事も難しいですよね?

カフェや居酒屋のホールなどの、実際に体を使ってする仕事や、

今、持っているパソコンやスマホを使ってする仕事など、様々な分野の仕事があります。

その中でも、オススメするのはインターネットを使った仕事です。

今、このサイトを見ている人は何かしらインターネットにアクセスできる環境にいると思います。

作業をする上で、使いやすさや仕事効率などは様々ですが、

一応、仕事を始めれる環境下にあると思います。

そして、インターネットを使った仕事も大まかに分けて2種類の仕事があります。

次の章では、もう少し掘り下げて説明していきます。

時間を切り売りする仕事

一つは、「時間を切り売りする仕事」

時間を切り売りする仕事とい言うのは、自分の時間を

下記のようなものが当てはまります。

●クラウドソーシング(クラウドワークスやランサーズ…など)

●インターネットせどり

●輸入、輸出販売

●オークション

今、人気なのは「クラウドソーシング」を使った仕事です。

記事のライティング、動画編集、プログラミングなど初心者から上級者まで仕事案件が沢山あります。

「インターネットせどり、輸入、輸出販売」は私の経験上、多少の勉強や資金が必要です。

そのほかは、自分の不要な持ち物を「オークション」で販売して資金を貯めることも良いと思います。

資産になる仕事

もう一つは、「資産になる仕事」です。

この仕事は、続けていくと後の資産になるということです。

しかし、このタイプの特徴は早期に利益が出づらいところです。

「FXや株式投資」などは、最初の投資金がなければ始めることも出来ません。

●FXや株式投資

●ブログやアフィリエイト

●YouTube動画 

「ブログやアフィリエイト、YouTube動画」などは金銭的な初期投資が無い状態でも始めることが出来ます。

その反面、収入が発生するまでは時間と勉強が必要です。

まとめ

個人それぞれに、副業についての考え方は違ってくると思います。

すべての仕事は一長一短であり、ご自身のできる範囲で無理なく始められることが大切です。

一つ言えることは、どの仕事を始めても必ず自分のスキルアップが望めることです。

まずは、興味のあることから始めてみては!