意外に簡単、自分でパソコン作ってみよう【準備編】

PCを自作で組み上げたいけど、何を用意して良いかわからない…

そんな、自作PCに挑戦してみたい人に読んでもらいたいですね~

 

難しく考えないでくださいね~w覚えてしまうとホント簡単です。

今回は、各パーツの選び方のお話!

 

↓基礎からわかる記事も参考にしてね!

関連記事

最近のコロナショックの影響で、自宅での仕事が注目されていますよね? 会社のパソコンが使えないので、スマホ、自宅のパソコンを使って在宅で作業されてる方も多いと思います。 スマホでも仕事はできるけど、やはりパソコンのほうが効[…]

 

PCの使用目的を考える

自作PCを作るにあたって、まず貴方はPCで何がしたい?

それを考えてみてください。

ある程度、考えて購入しなければ金額が高額になったりします。

それでは、自分で作る意味がなくなってしまいます。

 

・PCで最新のオンラインゲームをやりたい!

・Webデザインなどの勉強をしてみたい

・子供の運動会や行事で撮った映像を編集したい

・ネット検索、YouTubeなどがメインであまりお金をかけたくない

 

色々な使い方があると思いますが、少し考えてみてください。

予算はどれくらい?

次に考えるのが予算ですね。

 

ゲームや動画編集などをメインに考えてるのなら、

ある程度のスペック(性能)がなければスムーズに動かなかったり、ストレスが溜まります。

 

高スペックなものは快適ですが、やはり値段も上がってきます。

ザックリですが、10万円前後くらいは必要かと…

 

私はネットやYouTubeがメインでそれほど高性能なPCは求めてませんよ!

そんな人は、安くパーツを集められます。

こちらもザックリで、3万円前後…

 

あくまでも大まかな予想であり、選ぶパーツによって大きく変わります。

なので、もっと安くできたり、こだわる部分があって予想以上に高くなることもあります。

パーツ選び

各パーツを選んでいきましょう!

CPU

まずは人間でいえば脳の部分で、情報を処理する場所と考えてください。

最近は、スマホにも使われているので聞いたことがある人も多いと思います。

このCPUでそのPCの性能が大きく変わってきますし、高性能なものは高額です。

 

製造メーカーはIntel(インテル)とAMD(エーエムディー)の2社が有名です。

インテルはCMなどで聞いたことがあると思います。

 

一方、AMDは自作する人には昔からあるので知っていますが、初めて自作に挑戦の人は初耳かも!?w

 

2社の評価としては、昔はインテルが最新の技術でAMDがインテルより技術は劣るが安価。

 

最近(2020年)では、AMDが頑張ってる感じですね~

技術的な面も飛躍して、性能がほぼ同等の物ならAMDが断然安い!

 

マザーボード

CPUの選択が決まったら、対応しているマザーボードを選ぼう!

 

マザーボードはPCの基盤です。

 

メーカーはいろんな会社から発売されています。

その基盤に色々な各パーツを組み込んでPCを組み立てていきます。

そのマザーボードには色々と規格があり、それに適合しなければいけません。

 

◎特にCPUソケットが重要

このソケット規格が合わないとCPUは取り付けることができません。

 

インテルのCPUだと「LGA 1151」とか、AMDだと「AM4」などのソケット規格があり

それ対応のマザーボードを選ばなければいけません。

なので、CPUとマザーボードどちらかを選んだ時点でもう一つを合わせなければいけないのです。

・インテルのCPU 

LGA 1151 ◎ AM4 ✖

 

・AMDのCPU  

AM4  ◎  LGA 1151 ✖

 

◎大きさの規格

マザーボードには大きさの種類がいくつかありまが、自作PCであれば以下の2択で良いと思います。

あとでPCケース選びにもかかわるので注意してください。

ATX            自作PCの主流の規格

MicroATX         ATXを少し小さくした規格

 

◎オンボード

マザーボードの製品の中には、あらかじめ基盤にデバイス(装置)が付いてる場合がある。

ネット環境に繋げる、LANや音を出すためのオーディオ、映像を映すためのグラフィックなどがある。

 

LANやオーディオはほぼ搭載しているが、映像用のグラフィックがないものは多い。

以前まではグラフィックオンボードの物が多く発売されていたが、最近ではあまり見かけない。

 

最近はCPU(GPU)にその機能が組み込まれているものがあります。

CPUにもマザーボードにも搭載されていなければ、

別にグラフィックボード(ビデオカード)を付けなければ映像が映らない。

 

グラフィックボード(ビデオカード)

通称グラボです。

 

特に高画質なゲームや、動画編集などしなければ、

グラフィックが内蔵されてるCPU、マザーオンボードで十分です。

もし付いてなくても、数千円で買えます。

 

多くのメーカーから発売されていて、価格は数千円から数万円まであります。

 

メモリー

メモリーは使っているソフトやデータを一時的に保存する場所です。

最近の主流は「DDR4 SDRAM」です。

メモリーにも色々規格があるので、マザーボードに対応しているか確認してください。

 

HDD、SSD

HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)は

写真、映像、ファイルなど色々なものを保存する場所です。

 

HDDは中に円盤みたいなディスクが入っていて、レコード針のような磁気ヘッドでデータを読み書きしています。

主に3.5インチがデスクトップPCに使われ、2.5インチはノートPCに使われます。

 

一方SSDは、半導体メモリで作られているので軽くて取り扱いが楽です。

規格も2.5インチとM.2があります。

 

◎HDDは容量が多く価格が安い

1TB、2TBくらいなら5000円くらいで買えちゃいますw

容量の大きな動画などを保存するにはべんれですね!

そんなHDDもSSDが出てきてからは、一歩下がった存在になりました。

 

◎SSDは早い!が、価格が高い

SSDとHDDの速さを比べたら、全然違います。Windowsの起動時などは本当に早くなります。

そんなSSDですが、まだ容量が少ないし…価格が高い!

今後、安くなっていくでしょうがね~

 

◎こんな使い方も

私のPCもそうですが、メインをSSDにしてサブをHDDにする。

SSDにWindowsをインストールして、動画などの容量が大きなものをHDDに保存します。

分けることで、PCの起動などはSSDでおこなわれるので、快適に作業ができます。

ケース、電源ユニット

最後にケースと電源ユニットです。

 

ケースはマザーボードが収納されなければいけません。

なので、規格はATX、MicroATXの2択で良いと思います。

ATXは大きいのでMicroATXも収納できますが、逆はダメです!

 

メーカーも色々で、値段も2000円くらいで買えるものから数万円するものまであります。

電源ユニットが付いてるものもあります。

◎電源ユニットはPCの構成次第!

PCはハイスペックになると電源の消費が多くなります。

ゲームなどをする人は安定供給するためワット数の高い電源ユニットを搭載します。

やらない人は、300W~500Wくらいで十分です。

自分好みにカスタマイズ!

PCパーツは日々進化しています。

新しい製品が出ると、大きく価格が下がるものもあります。

正直、買い時はわかりませんw

 

自作でPCを組んでる人は多くいます。情報もメチャメチャあります!

パーツを調べていくと色んな人が、ブログや口コミで情報を発信しています。

なので多少のトラブルは、ほぼWeb上で解決します。

 

そして自作PCの最高に良いところは、自分好みにパーツを交換できることです。

一度覚えてしまうと、PCは作るのが当たり前になると思います。

是非チャレンジしてみてください!