【Rakuten UN-LIMIT】楽天回線Band3を捕まえた!

  • 2020年5月13日
  • 2020年5月13日
  • 生活

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」の宣伝文句にのせられて、

対応機種でもないのに契約し、開通から楽天モバイルの恩恵を受けるまでに苦労しましたw

 

一番苦労した、楽天パートナー回線(Band18)から無事に逃れられ、

楽天エリア回線(Band3)を継続的に引き込むことができたので、

同じ機種や似たようなことで苦労している人たちは参考にしてみてください!

使用機種とエリア

楽天モバイルのプラン料金「一年無料」に踊らされ、詳細をよく読まずに契約してしまった…



 

私の使用している機種は

●HUAWEI P20 lite simフリー

OCNモバイルONEのsimを使いメインとして使っていた。

 

楽天モバイルの対応機種には当てはまらなかったが、auVoLTE対応なので行けると思い契約!

楽天回線サービスエリアもHPで調べてもOKだったのだが…

「Rakuten UN-LIMIT」対応端末はこちら

 

 

↓楽天モバイルとの格闘の始まりを書いていますので合わせてお読みください

関連記事

2020年4月8日からサービスを開始した、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を 対応機種以外の機種「HUAWEI P20lite simフリー」で試してみました。 ◆対応端末はこちら◆  […]

提供エリアなのに…

SNSなどで色々調べてみると、「楽天回線の提供エリアなのに、パートナー回線になる」

私と同じの人が多いことが分かった。

 

そこで調べてるうちの楽天回線は「Band3」でパートナー回線「Band18」と確認。

その「Band3」を掴まないことには楽天モバイルの恩恵を受けられないことも分かった。

 

↓アプリを使った「Band」の確認方法などを書いてる記事です。

関連記事

楽天が一年間無料を打ち出して始まった、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」 楽天回線エリア内だと「高速データ完全使い放題」とうたっていたが、 申し込み前に、HPで「楽天回線エリア」を確認してから申し込みをした[…]

微弱だが「Band3」が…そして対策

自宅はパートナー回線が強かったが、楽天回線も微弱だが届いていることが判明!

そこで色々試して、謎が解けた!

 

自分が使っている機種は、設定を変えない限り

電波の強い方を自動で優先的に繋げる設定になっていた。

 

なので、

Band3を掴んでいても電波の弱い所にいくと勝手に強いBand18に切り替わっていたのだ!

 

その結果、設定を変えることで常時Band3を掴むことができる。

設定方法

設定を開いて、無線とネットワークを押す

 

 

 

次にモバイルネットワークを押す

 

 

次に通信事業者を押す

 

 

自動選択を無効にする】の表示が出るのでOKを押す

 

 

優先検索を無効にすると検索し始めるので少し待つ

 

 

Rakuten 4Gを選ぶ

 

これで完了!

アプリで電波状況を把握する

ギリギリだが、Band3を確保している。

以前であれば、アプリのメーターがここまで下がる前にBand18に変わっていた。

 

この設定をしてからわかったが、自動選択を無効にしてから

微弱であっても電波が届いてる限り、Band3で繋がってくれる。

 

しかし電波が届かなくなると、Band18に変わってしまう。

 

もし変わってしまっても、Band3が届いてるところで通信を入り切りすると

またBand3を掴んでくれる。

 

事前にアプリを使って電波の強弱を確かめておくことが望ましい!

 

通信の入り切りは、【機内モード】を使うと簡単にできる。

まとめ

以前はBand3を捕まえたら、逃がさないように努力していたが

この設定をすることで不安がなく通信を楽しむことができる。

 

今後、楽天モバイルの発信基地の整備、増設などでBand3も普通に届くだろう。

 

しかし、今は1年間も無料になるので使った方が良い。

 

対応機種を新たに買ってまでとは思わないが、

Simだけ契約するなら、ダメであっても1年後に解約すれば良い。

 

もし私と同じ環境の人や、違う機種でも設定でいけそうであればチャレンジしてみては?!