バンコクからも近い、パタヤビーチで楽しもう!

  • 2020年4月17日
  • 2020年4月17日
  • 旅行

タイのバンコクから近いビーチリゾート「パタヤビーチ」

マリンアクティビティーで楽しむのも良し、ナイトライフを楽しむのも良し

そんなパタヤを紹介します。

バンコクから車で約2時間

バンコクから南に約150キロ行くと人気のパタヤビーチがあります。

パタヤビーチはもともと、ベトナム戦争時代にアメリカ軍が保養地として発展していきました。

今では、日本人も多く訪れています。

 

バンコクからだと、BTSエマカイ駅近くのバスターミナルからが良いかと思います。

料金も119バーツと安く、早朝から3,40分間隔で運行しています。

パタヤバスのHP

パタヤはいろいろ楽しめるビーチリゾート

パタヤは一応「ビーチリゾート」ですw

代表的な「パタヤビーチ」は日本人が想像するハワイの「ワイキキビーチ」的な感じではありません。

綺麗な海を期待していくとがっかりするかも…

 

パタヤビーチは海で泳ぐのではなく、パラセーリングやバナナボートなどの

マリンアクティビティーで楽しむひとが多いと思います。

 

食事するにも、高級レストランから小さな地元の食堂まで多くあり不便はありません。

観光客用のメニューがあったり、日本語を話す人もいます。

 

他にも、ショッピングやマッサージ、ナイトライフでショーを楽しんだりと

まさにビーチリゾートですね!

パタヤの足、ソンテウに乗ってみよう!

パタヤの移動で大変便利なのが、ソンテウ(乗り合いバス)です。

パタヤビーチ周辺の道を回るように走っているのですぐにわかります。

 

料金も10Bで、近くに来たら手を挙げると止まってくれます。

下車したいところで、ブザーを鳴らすと止まってくれます。

あとは助手席の人に10B渡してください。

 

私は昼間バイクで走り、夕食やお酒を飲みに行くときによく使います。

海水浴したいなら、フェリーに乗ってラン島に行こう!

わざわざビーチに来たので、綺麗なビーチで泳ぎたい!という人には

パタヤビーチからフェリーで約40分で行ける「ラン島」がおススメです。

タワエンビーチをはじめ、サマエビーチ、ティエンビーチなどパタヤビーチとは違う海の色です。

 

料金は片道30Bで乗れます。(スピードボートは高いのでおススメしない)

フェリー乗り場も、ウォーキングストリートを道沿いに南下していくとバリハイ桟橋が右にあるので迷わず行けると思います。

タワエン行きとナーバーン行きがあります。

まあどちらに行ってもソンテウやバイクタクシーがいるので移動できます。

● タワエン行き   タワエンビーチで遊ぶ人

● ナーバーン行き  バイクを借りて島を回りたい人

パタヤのナイトライフ

やはりパタヤといえば、ナイトライフで楽しみたいですね!

パタヤの中にもいろいろ楽しむところはあるが、一番は何といっても

 

「ウォーキングストリート」

 

ライブバーやゴーゴーバー、ムエタイバー、などたくさんあります。

道ばたには、客引きしている女の子もいっぱいいて、日本語でメチャメチャ言い寄ってきますw

 

ここで詳しくは書きませんが、飲むだけならそんなにお金はかかりません。

早い時間ならハッピーアワーで安く飲めちゃいます。

飲むだけなら….w

最後に

パタヤは初めて行く人でも楽しめるリゾートだと思います。

昔ほど日本人観光客もいないし、バンコクからもそれほど遠くないので行ってみる価値はありかと思います。

ソンテウなどを上手く乗りこなして、パタヤライフを楽しんでください!