稼いでる人が、読書をすすめる訳

  • 2020年2月11日
  • 2020年4月17日
  • 学び

皆さんは本を読むのが好きですか?

私は学生時代などはほとんど読書をしていないし、どちらかというと苦手でした。

それから仕事を始め、社会人になってから少しづつ本を手にとるようになりました。

そして今では最低でも週に1冊は読んでいます。

皆さんにも読書の必要性が分かって頂ければと思います。

私が読書にハマった訳

以前の私は読書をするなど考えたことも無いくらいの人生でした。

ある時、起業するために本屋さんにいって参考になるものを探していたときに、

一つのジャンルの本に興味が湧きました。

私が出会ったのは「自己啓発」のある本でした。

それからは色々なジャンルの本に挑戦していきました。

もともと読書する習慣が無かった私は、一冊読むにもかなりの時間を費やしましたが、

今では、多い時で週に3冊、最低でも週1冊は読むように心がけています。

読書をすすめる著名人

有名な成功者の人たちは、読書家が多いです。

●ビル・ゲイツ

●マーク・ザッカーバーグ

●ウォーレン ・バフェット

●フィル・ナイト

●孫正義

●柳井正 など

皆さんこぞって読書をすすめています。

成功した皆さんも、読書によって膨大な知識を得たのでしょうね。

本を読むメリット

良質な本を読む事によって、自分の持っていなかった知識が増えます。

小説などでは、優しい気持ちになったり、恐怖を感じたりと、想像力を豊かにします。

そして、探していた情報などを得られることで、心にゆとりが生まれます。

他にも、漢字に強くなったり、自信がついたり、自分を見つめ直したり…と色々なメリットがあります。

本を読むデメリット?

本を読むことでのデメリットは?

ほぼ無いと思いますが、

強いて言うなら、読書に使う時間と本を購入する金額くらいだと思います。

時間については、1時間、30分でも読書に回せる時間を作る事が大切です。

起床時間を30分早めてみたり、テレビを観る時間を少しでも削ってみたりと、努力次第で時間を作りましょう!

本の値段も専門的な物で高額な値段がする物もありますが、一般的には2000円以内で購入できる物が多いと思います。

どうしても、金銭的に余裕が無ければお住まいの地域の図書館で無料で借りることもできます。

最近の便利な読書法

最近では、Amazonなどが展開している「Audible」などのオーディオブックなどの読み上げサービスもあります。

通勤の電車の中や、毎日のウオーキング中にと幅広く活用できます。

短い時間で効率良く本の内容を知りたい方や、活字をみるのが苦手な方にオススメのサービスです。

 

↓今なら30日間無料体験できます↓

まとめ

本を読むことに慣れていない人も、少しづつ習慣化することによって読書の楽しさが分かってくると思います。

そのインプットした知識をアウトプットすることで、仕事や人生に上手に活用していきましょう!

本を読むことは、「誰でもできる簡単な自己投資法」です。

皆さんも、まずは一冊から始めましょう!

学びの最新記事8件