個人で行くボホール島、レンタルバイクで巡る世界一小さな猿とチョコレートヒルズ

  • 2020年6月6日
  • 2020年6月6日
  • 旅行

日本人に人気のセブ島からも近いボホール島

世界一小さな猿ターシャや、世界遺産チョコレートヒルズもある。

そんなボホール島へセブ島からフェリーで行く方法や、

レンタルバイクでターシャやチョコレートヒルズを見に行った様子をご紹介!

ボホール島に行くには

ボホール島はフィリピン中部のビサヤ諸島の島です。

日本人に人気の「セブ島」の東にある島です。

 

飛行機で行くには、ボホール島に隣接するパングラオ島に

「パングラオ国際空港」で行くしかありません。

日本からの直行便はないので、途中で乗り換えをしなければいけません。

 

時間があるのなら、隣のセブ島から、フェリーを使ってボホール島に行くことをお勧めします。

セブ島からフェリーでボホール島に向かう

セブ島からフェリーでボホール島に行くには、「サン・ペドロ要塞」横の「Pier1」からフェリーがでています。

ボホール島に向かうフェリーは数社ありますが、安く行くには「オーシャンジェット」タクビララン港に行くのがベスト!

 

チケットはPier1の手前の販売所(TICKETING OFFICE)で購入できます。

看板が色々出ているので、「オーシャンジェット」タクビララン行を購入してください。

チケットはエアコン付きの室内(ビジネス、ツーリスト)と、上段のオープンエリアがあり

私は一番安い上段のオープンエアーにしました。片道500ペソ(2019年)

購入の際はID(身分証明)が必要なので、パスポートを持っていきましょう!

 

チケットを買ったらPier1のターミナルに入場します。

持ち物検査を終えたら、カウンターでチェックインして指定された乗船口付近で待ちます。

ターミナルの中には、食堂や売店、ATMもあります。

 

状況によって、海が荒れることもあるので船酔いしやすい人は薬などを服用してください。

その後、8割近い乗客を乗せて出港しました。乗船時間は約2時間。

暇な時間を使って、ボホール島で泊まる宿を「agoda」で探していました。

ボホール島到着、ロハスな宿へ!

タクビララン港に到着して、船を降りると乗り合いタクシーや、ツアーの客引きがいっぱいいます。

値段を聞いたら、高かったのでトライシクルで宿に向かいます。

 

宿泊に人気の「アロナ・ビーチ」などは隣接するパングラオ島にありますが橋で繋がっているので、移動には問題ありません。

 

最初はアロナビーチ周辺で宿泊を考えていましたが、

agoda」で探している時に、面白そうな宿があったので泊まってみることにしました。

場所を伝え、トライシクルの運転手に250ペソで向かってもらいました。

目の前が海!「Steffis Place Hostel」に泊まることにしました。

この部屋に案内されました。

竹づくりの個室ですw

ベッドは蚊帳付き、扇風機あり、トイレ&シャワー共同で一泊500ペソ

超フレンドリーな夫婦?(多分)が経営しています。

「agodaで予約したよ~」と言っただけで、パスポートも見ないでチェックイン終了w

初日は、部屋の前のハンモックで目の前の海を見ながらゆっくり過ごします。

最高に気持ちいい~!

世界一小さな猿「ターシャ」を見に行く!

ボホール島に来たのなら、外せない観光名所の一つ「ターシャ観察区域」

そこに世界一小さな猿ターシャを見に行きます。

前日、宿のパパさんに「バイクをレンタルしたい」と聞くと1日400ペソでOKとのこと。

翌日、バイクのカギをくれた。

デボジット(預り金)無しの後払い

それよりも、正式なチェックインもしていないのでパスポートすら見せていないw

宿からバイクで走ること約1時間30分、「ターシャ観察区域」に到着!

エントランスをくぐると、ちょっと怖いターシャのマスコットが迎えてくれます。

入場料60ペソを払い、施設に入ります。

通路を道なりに進むと、係の人がいてターシャがいるところを教えてくれます。

この日は10匹くらいのターシャを見られました。15~20分位で回れる小さな施設です。

最後にお土産コーナーで終了!

ターシャは繊細でストレスに弱い動物なので、施設内では静かに係員の指示に従って写真を撮りましょう!

世界遺産候補!チョコレート・ヒルズへ

ターシャ観察区域から続く「ローイー・インテリア・ロード」をバイクで30分ぐらい走ると、「チョコレートヒルズ」に到着

ちょっと寂し気な看板が迎えてくれるw

チョコレート・ヒルズ・ロードを右折して少し進むと、オジサンがいるので50ペソ払います。

丘を登ったところでバイクを停めて、展望台に向かう200段の階段を上ります!

結構、しんどいっす…

展望台まで行くと、素晴らしい景色が見られます。

面白いくらい凸凹してますよ~

地元のお祭りに行ってきた!

チョコレートヒルズに行った翌日、あてもなくパングラオ島をバイクで走っていると、

地元の教会でお祭りがやっていたので覗いてみた!

色々な出店もあり、蒸しピーナッツや、日本でお馴染みの綿アメも売ってます。

ワインの試飲会もありました。

何故か下着も売ってましたw

お祭り会場で、ギャンブル?で楽しむ地元の若者たち。

警察や軍?の人もお祭りを楽しんでいます。

ステージもあり、パフォーマンス前の綺麗なお姉さんが写真を撮らせてくれました!ありがとう~

パングラオ島の楽しいお祭りでした!

地元の屋台を食す

最終日、宿にトライシクルを呼んでもらいフェリーの出る港近くまで送ってもらった。

タクビララン港から帰る前に、ショッピングモールなどが集まる地域をブラついた。

コーンも人気です!

自転車屋台です。

揚げ物が多いですね~

魚のすり身を揚げたものです。1本10ペソ、ピリ辛で美味しかった~

気が付くと、学校帰えりの学生で賑わってました。

その後、タクビララン港からフェリーでセブ島に帰りました。

最後に

都会のセブ島とは違い、自然豊かなボホール島。

日帰りツアーで回るのも良いが、できれば2日ほどでも滞在してほしい。

ゆっくりとした時間の過ごし方ができると思います。

 

私もターシャとチョコレートヒルズを見る目標は達成したので、

次回はボホール島をバイクでぐるっと回ってみたいですね~