【絶対行きたい国!】日本から行きやすい!アジアの旅、おすすめ5選!

  • 2020年3月12日
  • 2020年5月12日
  • 旅行

ボラカイビーチ

これから旅行を考えてるが、行き先が決まらない、想像が浮かばない、と考えてる方、必見!

20年以上、旅を続ける筆者がオススメする「アジア」の国々を目的別でお伝えします!

短い日程でも楽しめる!台湾

九份

今、学生や若い人たちに人気なのは台湾ですね。

日本から飛行機で約4時間とアクセスも良く、親日国家でもあります。

 

主要都市の台北市から南部の高雄市まで新幹線(台湾高速鉄道)が走っているので片道約2時間半で行けます。

台湾グルメも人気で最近の「タピオカミルクティー」を販売しているお洒落なカフェや夜市で「臭豆腐」、「小籠包」など幅広く楽しめます。

 

観光名所も「千と千尋の神隠し」に登場する建物を彷彿させる九份や、

歴史的資料が大量に展示されている国立故宮博物院など沢山の名所があります。

● 短い日数で旅を満喫したい人

● グルメや買い物中心に旅をしたい人

● グループでの旅行を楽しみたい人

台湾は短い日数の場合は1つの都市を中心に楽しむのが良いと思います。

短い日数の旅行は、いかに移動時間を減らすかがポイントです。

昼は名所巡り、夕方からは夜市散策が良いでしょう!

海好き、綺麗なビーチがいっぱい!フィリピン

ホワイトビーチ

7000以上の島がある東南アジアの国、フィリピン共和国。

日本から飛行機で約4、5時間

筆者もよくフィリピンに行きますが、海が好きな人には楽しい国だと思います。

 

首都マニラは都会ですが、スペイン統治下時代の建物や、大型ショッピングモールでのお買い物など楽しめます。

最近では、語学留学で日本人に人気のセブ島、ホワイトビーチが有名なボラカイ島なども人気です。

 

筆者が一番オススメは、映画「グラン・ブルー」の伝説のダイバー「ジャック・マイヨール」も愛した

フィリピンの最後の秘境、パラワン島エルニドです。

● とにかく綺麗なビーチに行きたい

● ダイビング、シュノーケリングがしたい

● 南国でゆっくりとした時間を過ごしたい

● なるべく英語が通じる国がよい

最近は日本各地からフィリピン向けのLCCなども多くなっています。

フィリピンの国内線もLCCを使うと格安で移動できます。

北と南は雰囲気が別!ベトナム

フォー

南北に細長い国、ベトナム社会主義共和国。

日本から飛行機で約6時間

 

ベトナムは北部に首都のハノイがあり、南部にはベトナムで最大都市ホーチミンがあります。

その他にも近年、開発が進んでいるダナンや、夜の提灯が綺麗な街ホイアン、世界遺産の古都フェなどがあります。

 

グルメも代表的な「フォー」をはじめ、「バインミー」「バインセオ」などが楽しめます。

また、北部と南部の都市では雰囲気が意外に違います。

● ハロン湾など自然や古い町並みが好きな人はハノイ、フエ、ホイアンがオススメ

● 賑やかなナイトライフ、ベトナム戦争記念館などはホーチミンがオススメ

● ビーチリゾートであればニャチャン、ダナンがオススメ

● 時間がある人はベトナム縦断(バス、電車)がオススメ

最近女性に人気のベトナムですが、16日以上滞在するにはビザを取得しなければいけませんので気をつけて下さい。

物価も安いので、フォーの食べ歩きなど楽しいですよ!

関連記事

旅行の考え方は、人いろいろあると思いますが 安く旅をしたい、チョット変わった旅をしてみたいと思っている方も多いと思います。   そこで筆者がベトナムを実際に旅をしてみて感じたことや注意したほうがと思ったこ[…]

世界遺産に圧倒!カンボジア

アンコールワット

世界遺産のアンコール遺跡群の一つ「アンコール・ワット」があるカンボジア

首都はプノンペンですが、やはりアンコール・ワットがあるシェムリアップやシアヌークビルが人気ですね。

 

最近は直行便も飛ぶようになりましたが、近隣の国からのフライトで安く入国できます。

私のオススメは、バンコクかクアラルンプールからのフライトです。もちろん陸路からも入国できます。

● やっぱり一度はみておきたい、アンコール遺跡群!そんな人は シェムリアップ

● アジアの穴場ビーチリゾートでゆっくり過ごしたい人は シアヌークビル

● カンボジアの歴史などみたい人は プノンペン

アンコール遺跡群を見るのは最低でも丸1日はみておきましょう!想像以上に大きいです。

プノンペンはクメール・ルージュ時代の悲しい歴史が見れます。街自体は活気があって楽しめます。

関連記事

カンボジアにある世界遺産「アンコール遺跡群」、初めて行くと、その壮大さに驚くと思います。 その中でも、人気のあるアンコール・ワット 名所の魅力や、現地で自分でできることなどを この地で人生観が変わった?私の経験から[…]

総合的に満足度NO.1!タイ

カオサン

観光名所、グルメ、ショッピング、ナイトライフなど総合的に満足できる国がタイだと思います。

直行便はもちろん、LCCの参入での航空券の安さや、空港からバンコク市内主要地域までのアクセスの良さ。

全てを考えると一番オススメな国です。

タイ国内のビーチリゾートや近隣の国にも短時間で格安に移動できます。

● タイ料理やショッピング夜はお酒を飲んで楽しみたい

● 初めての東南アジア旅行

● タイを拠点にして近隣国に行きたい人

● 日本より安い物価でのんびり過ごしたい人

ここ数年、タイの物価も上がりました。日本と変わらない値段のモノもあります。

とはいっても、全体的には日本の物価より安い場合が多いと思います。

関連記事

私がバンコクに行ったら必ず行くところがあります。 そこは世界中のバックパックカーが集まります。 そんなバックパッカーの聖地「カオサンロード」を紹介します。 カオサンロードって、どんなところ? バンコクのプラナ[…]

最後に

最近のアジア各国は急速に発展を遂げ、不自由なく旅行ができるようになりました。

筆者も長年、旅を続けてますが、LCCの参入での航空券の買いやすさ、

ハブ空港を使っての近隣へのアクセスの良さなどを本当に実感します。

時間がある人は、今回紹介した国をLCCをうまく使って回ることも可能です。

 

一人旅、グループ旅行、女子旅、どんな旅でも楽しいし、良き思い出になります。

このブログを参考に素敵な旅を計画してくれると嬉しいと思います。